Laboratory

当社研究室のページです。実験的な試みや研究実績を紹介します。※徐々に充実させて行きますのでご期待ください!

研究実績

学術発表の実績

2015年

  • 発表者名 : 野口淳、千葉史 、横山真、内記理、ムハンマド・ザヒル、ナシール・ハーン、近藤英夫
  • タイトル : パキスタンにおける文化遺産の再記録化プロジェクト:情報化時代における国際協業の枠組み
  • 出典    : 日本情報考古学会第35回大会
  • 発表年  : 2015年

  • 発表者名 : F. Chiba , S. Yokoyama , A. Kaneda , K. Konno
  • タイトル : DEVELOPMENT OF NETWORK-TYPE ARCHAEOLOGICAL INVESTIGATION SYSTEM
  • 出典 : CIPA第25回国際シンポジウム
  • 発表年 : 2015年

  • 発表者名 : 野口淳、横山真、千葉史
  • タイトル : 後期旧石器時代初頭石斧の3次元形態分析-東京都武蔵台遺跡出土資料について-
  • 出典   : 日本旧石器学会第13回総会
  • 発表年  : 2015年

  • 発表者名 : 野口淳、横山真、千葉史
  • タイトル : 後期旧石器時代初頭石斧の3次元形態分析-東京都武蔵台遺跡出土資料について-
  • 出典    : 日本旧石器学会第13回総会
  • 発表年  : 2015年

  • 発表者名 : 植田 真、高木隆司、水野慎士、高井健吾、横山 真、千葉 史、秋山雅彦、門脇 智
  • タイトル : 縄文施文研究のための3次元計測技術
  • 出典   : 日本考古学協会第81回総会
  • 発表年  : 2015年

  • 発表者名 : 及川 穣、横山 真、品川欣也、小菅将夫、今野晃市、松山克胤、千葉 史
  • タイトル : 3D計測技術を用いた考古資料の接合研究-旧石器時代研究における新しい資料の認識にむけて-
  • 出典   : 日本考古学協会第81回総会
  • 発表年  : 2015年

  • 発表者名 : 岩月真由子、藤沼昌泰、横山 真、赤塚次郎、西村誠治、岡安光彦
  • タイトル : 土に目をむけた持続可能な土器の修復と復原
  • 出典   : 日本情報考古学会第34回大会
  • 発表年  : 2015年


2014年

  • 発表者名 : 千葉 史
  • タイトル : 那須国造碑の三次元計測
  • 出典   : 栃木県立博物館県内文化財三次元計測事業成果報告会
  • 発表年  : 2014年

  • 発表者名 : 横山 真
  • タイトル : 立体考古学の実践と展望
  • 出典   : 日本情報考古学会第33回大会
  • 発表年  : 2014年

国際学会 @ ワルシャワ

  • 発表者名 : Y.Kawae , Y.Yasumuro , I.Kanaya , F.Chiba
  • タイトル : 3D Reconstruction and its Interpretation of the “Cave” of the Great Pyramid using an Inductive Approach
  • 出典    : The 6th Old Kingdom Art and Archaeology conference
  • 発表年  : 2014年

国際学会 @ ストックホルム

  • 発表者名 : Atsushi NOGUCHI , Qasid H. Mallah, Fumito CHIBA , Shin YOKOYAMA , Yorinao SHITAOKA , Ghulam M.VEESAR , Nilofer SHAIKH & Hideo KONDO
  • タイトル : Techno-morphological assessment of the lithic assemblage and the blade core reduction sequence of Veesar Valley , at the western frige of the Thar Desert , northern Sindh, Pakistan
  • 出典   : The 22nd conference of the European Association for South Asian Archaeology and Art
  • 発表年  : 2014年

国際学会 @ ストックホルム

  • 発表者名 : Qasid H. Mallah, Atsushi NOGUCHI, Fumito CHIBA, Shin YOKOYAMA and Hideo KONDO
  • タイトル : The first discovery of palaeolithic blede-flake industry in the Chagai hills, Chagai district, northwestern Balochistan, Pakistan
  • 出典    : The 22nd conference of the European Association for South Asian Archaeology and Art
  • 発表年  : 2014年


2013年

国際学会 @ マルセイユ

  • 発表者名 : Yukinori Kawae, Yoshihiro Yasumuro, Ichiroh Kanaya, Fumito Chiba
  • タイトル : 3D Reconstruction of the “Cave” of the Great Pyramid from Video Footage
  • 出典    : Digital Heritage Congress 2013
  • 発表年  : 2013 マルセイユ

  • 発表者名 : 池谷信之、横山 真、千葉 史
  • タイトル : 三次元測定装置を用いた石器表面のキズの抽出とその解釈
  • 出典   : 日本旧石器学会大11回大会
  • 発表年  : 2013


2012年

  • 著者名 : 横山真、千葉史
  • タイトル: 三次元データによる考古学的観察環境の再現
  • 出典  : 日本情報考古学会 第30回大会
  • 発表年 : 2012年

  • 著者名 : 金田明大、横山真、千葉史、三井猛
  • タイトル: 現場ですべきこと、整理室でできること ー迅速な発掘調査へむけた試行ー
  • 出典  : 日本文化財科学会 第29回大会
  • 発表年 : 2012年

  • 発表者名: 千葉史、横山真
  • タイトル: DEMによる地形解析と遺跡分布の検討
  • 出典  : 日本旧石器学会 第10回シンポジウム
  • 発表年 : 2012年

  • 著者名 : 山原一輝, 今野晃市,千葉史, 佐藤真麻
  • タイトル: 接合資料作成のための石器剥離面に基づく隣接関係検出法
  • 出典  : 日本情報考古学会誌, Vol.17, No.1-2
  • 発表年 : 2012年


2011年

国際学会 @ 東京

  • 著者名 : Shin Yokoyama, Fumito Chiba
  • タイトル: Visualization of three-dimensional data of stone tools
  • 出典  : The 4th Annual Meeting of the Asian Paleolithic Association (APA)
  • 発表年 : 2011

国際学会 @ 東京

  • 著者名 : Oyokawa Minoru, Kawachi Shinpei, Morita Masahiko, Shinagawa Yoshiya, Inoue Yoichi, Kosuge Masao, Yokoyama Shin, Chiba Fumito
  • タイトル: Media Art and Archaeology: Special attention on how to understand thetechnique of lithic reduction sequences from stereoscopic 3D
  • 出典  : The 4th Annual Meeting of the Asian Paleolithic Association (APA)
  • 発表年 : 2011

  • 発表者名: 横山真
  • タイトル: PEAKIT ~3Dデータを可視化するテクノロジー〜
  • 出典  : 考古学solution_file7
  • 発表年 : 2011年

  • 発表者名: 千葉史 (講演,パネリスト)
  • タイトル: 考古学資料の形情報を可視化する技術
  • 出典  : 日本情報考古学会シンポジウム
  • 発表年 : 2011年

  • 著者名 : E. Altantsetseg, Y. Muraki, F. Chiba, and K. Konno
  • タイトル: 3D Surface Reconstruction of Stone Tools by Using Four-Directional Measurement Machine
  • 出典  : The International Journal of Virtual Reality (IJVR)
  • 発表年 : 2011 to appear.

(国際学会発表論文)

  • 著者名 : E. Altantsetseg, Y. Muraki, F. Chiba, and K. Konno
  • タイトル: 3D Surface Reconstruction of Stone Tools by Using Four-Directional Measurement Machine
  • 出典  : CASA 2011
  • 発表年 : 2011 to appear.

(国際学会発表論文)

  • 著者名 : K. Shoji, K. Konno, T. Konno, F. Chiba
  • タイトル: An Algorithm of Fracture Matching Based on Measured Point Set of Fragment Surface
  • 出典  : IWAIT 2011, CD-ROM
  • 発表年 : 2011年


2010年

  • 著者名 : 李春元,今野晃市,千葉史
  • タイトル: 計測点群から得られた土器片の文様抽出法に関する検討
  • 出典  : (社)情報処理学会東北支部研究会
  • 発表年 : 2010年

  • 著者名 : 山原 一輝, 今野晃市, 千葉史
  • タイトル: 接合資料作成のための石器隣接面検出アルゴリズムに関する検討
  • 出典  : 日本情報考古学会第27回大会
  • 発表年 : 2010年

  • 著者名 : 山原一輝,今野晃市,千葉史
  • タイトル: 接合資料作成のための石器表面のマッチングによる空間姿勢決定法
  • 出典  : 第26回NICOGRAPH論文コンテスト
  • 発表年 : 2010年

  • 著者名 : 千葉史, 横山真
  • タイトル: 地形特徴量演算を用いた文化遺産3 次元データの新しい表現方法
  • 出典  : 第26回NICOGRAPH論文コンテスト
  • 発表年 : 2010年


2009年

国際学会 @ 京都

  • 著者名 : Chiba,F., Yokoyama,S 
  • タイトル: New Method to Generate Excavation Charts by Openness Operators
  • 出典  : 22nd International Symposium CIPA 2009
  • 発表年 : 2009年

  • 発表者名: 千葉史,村木祐太,今野晃市
  • タイトル: 遺物計測のための多方向レーザー計測システム
  • 出典  : 2009年年次大会,映像情報メディア学会
  • 発表年 : 2009年


2007年

  • 著者名 : 今野晃市,阿部直樹, 千葉史,徳山喜政
  • タイトル: 坏(つき)の実測図作成のための断面生成法
  • 出典  : 映像情報メディア学会誌, Vol.61, No.10
  • 発表年 : 2007年

  • 著者名 : 阿部直樹,千葉史,今野晃市,徳山喜政
  • タイトル: 坏(つき)の実測図に基づく断面生成法
  • 出典  : 平成18年度第2回東北支部研究会,(社)情報処理学会東北支部
  • 発表年 : 2007年

  • 発表者名: 横山隆三、千葉史、横山真
  • タイトル: 遺物・遺構の三次元計測・図化システム
  • 出典  : 考古学solution_file5 in 東京
  • 発表年 : 2007年


2006年

  • 著者名 : 白川真吾,今野晃市,千葉史,徳山喜政
  • タイトル: 3次元モデルに基づく石器剥離面の切り合い検出法の評価
  • 出典  : 平成17年度第3回東北支部研究会,(社)情報処理学会東北支部
  • 発表年 : 2006年

  • 著者名 : 白川真吾,今野晃市,千葉史,徳山喜政
  • タイトル: 3次元モデルに基づく石器剥離面の切り合い検出法に関する検討
  • 出典  : 日本情報考古学会第20回大会
  • 発表年 : 2006年

  • 発表者名: 阿部直樹,千葉史,今野晃市,徳山喜政
  • タイトル: 坏(つき)の図化支援のための輪郭線生成法の検討
  • 出典  : 2006年冬季大会,映像情報メディア学会
  • 発表年 : 2006年


2005年

  • 著者名 : 荷田哲久, 今野晃市,千葉史, 徳山喜政
  • タイトル: 石器表裏モデルからのソリッドモデル生成手法
  • 出典  : 日本情報考古学会誌, Vol. 11, No.1
  • 発表年 : 2005年

  • 著者名 : 荷田哲久, 今野晃市,千葉史, 徳山喜政
  • タイトル: 石器表裏モデルのソリッド化アルゴリズム
  • 出典  : 電子情報通信学会技術研究報告(画像工学)
  • 発表年 : 2005年

  • 著者名 : 荷田哲久,今野晃市,千葉史,徳山喜政
  • タイトル: 表裏モデルからの石器ソリッドモデル作成自動化
  • 出典  : 平成16年度第3回東北支部研究会,(社)情報処理学会東北支部
  • 発表年 : 2005年


2004年

  • 著者名 : 荷田哲久,千葉史,今野晃市,徳山喜政:
  • タイトル: 石器ソリッドモデル作成のための最適位置合わせ
  • 出典  : 日本情報考古学会第17回大会
  • 発表年 : 2004年

  • 著者名 : 今野晃市,千葉史,徳山喜政,鳥谷浩志
  • タイトル: ディジタル化された石器モデルのWeb利用と立体視システム
  • 出典  : 人文科学とコンピュータ
  • 発表年 : 2004年


2003年

  • 著者名 : 浅沼功二,千葉史,今野晃市
  • タイトル: 石器実測図作成のための3次元特徴追跡手法
  • 出典  : 日本情報考古学会誌, 日本情報考古学会論文賞受賞, Vol. 9, No.2
  • 発表年 : 2003年

  • 著者名 : 浅沼功二,千葉史,今野晃市
  • タイトル: 遺物形状の3次元モデル化とWeb配信
  • 出典  : 日本情報考古学会第16回大会
  • 発表年 : 2003年

  • 発表者名: 千葉史、横山真
  • タイトル: 考古学分野へのITの応用~遺跡DBの構築と考古遺物の記録.図化
  • 出典  : ネットワーク連絡会
  • 発表年 : 2003年

研究助成採択の実績

2012〜2014年度
助成機関 : 独立行政法人 科学技術振興機構
事業名  : 復興促進プログラム マッチング促進type II
タイトル : 「ネットワーク型遺跡調査システムの開発」
2008年度
助成機関 : 独立行政法人科学技術振興機構
事業名  : 重点地域研究開発プログラム(H20年度地域ニーズ即応型)
タイトル : 「多方向3次元形状計測システムの開発」
2005年度
助成機関 : 岩手県
事業名  : 平成17年度新事業商品化支援事業
タイトル : 衛星画像及び地形解析データの商品化
助成機関 : 岩手銀行
事業名  : リエゾン-I研究開発事業化育成資金(いわぎん特別奨励金)
タイトル : 石器実測図作成のための形状計測および特徴線図作成の受託事業
助成機関 : 独立行政法人 科学技術振興機構
事業名  : 研究成果最適移転事業<技術加工>
タイトル : 「有意特徴線自動追跡法による石器実測図作成支援システム」
2003年度
助成機関 : 岩手県
事業名  : 平成15年度岩手県知的資源実用化促進事業
タイトル : 考古遺物のディジタル計測手法の開発
助成機関 : 岩手県
事業名  : 平成15年度商品化・事業化可能性調査事業
タイトル : 遺跡データベースの事業化可能性


共同研究体制

2016年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2015年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2014年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2013年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2012年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2011年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2010年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2009年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2008年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 准教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2007年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 准教授 今野 晃市
テーマ : 考古学遺物の3次元計測・3次元表示に関する研究
2006年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 助教授 今野 晃市
テーマ : 考古遺物のディジタル計測・図化システムの開発
2005年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 助教授 今野 晃市
テーマ : 考古遺物のディジタル計測・図化システムの開発
2004年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 教授 横山 隆三
テーマ : 考古遺物のディジタル計測・図化システムの開発
2003年度
研究者 : 岩手大学工学部情報システム工学科 助手 千葉 史
テーマ : 考古遺物のディジタル計測・図化システムの開発